【初心者】第4回 Azure CLI でUbuntuを作成する -ストレージアカウントについて-

はじめに

Azure CLIを利用して、パブリックIPとNICとストレージアカウントを作成する方法をご紹介いたします。前回まで、リソースグループの作成し、仮想ネットワーク(VNet)を作成して、サブネットと割当て、ネットワーク セキュリティ グループを作成、ルールをサブネットに適用させるところまで行いました。今回はインターネット経由でssh接続するために、パブリックIPとNICを作成することと、仮想マシンOS兼データ用ストレージアカウントを作成します。

パブリックIP

パブリックIPアドレスは、staticかdynamicかを選択できます。パブリックIPを実際に仕様するには、ロードバランサーやNICなどと関連付けて利用します。
dynamicの場合、IPアドレスはリソースを停止すると開放され、再開すると新たにIPが割当られます。アドレスを変更したくない場合はstaticを利用します。

料金は、¥0.41/時間 (およそ ¥304/月) で課金されます。関連づけられているリソースやデプロイモデルのタイプによって料金が変動します。
詳細はこちらのページをご参照ください。
参考 : IP アドレスの料金

パブリックIPの作成

次のコマンドで、パブリックIPリソースを作成します。
# azure network public-ip create -g -n -l --allocation-method

resource-group : パブリックIPを作成するリソースグループ名を指定します。
name : パブリックIPのリソース名を指定します。
location : パブリックIPを作成するロケーションを指定します。 ※ locationは# azure location listで一覧を表示することができます。
allocation-method : DynamicかStaticを指定します。デフォルトではDynamicです。

[code]
# azure network public-ip create -g TestResourceGroup -n TestPIP -l japaneast –allocation-method Dynamic
info: Executing command network public-ip create
warn: Using default –idle-timeout 4
warn: Using default –ip-version IPv4
+ Looking up the public ip “TestPIP”
+ Creating public ip address “TestPIP”
data: Id : /subscriptions/aaaaaaaa-bbbb-cccc-dddd-eeeeeeeeeeee/resourceGroups/TestResourceGroup/providers/Microsoft.Network/publicIPAddresses/TestPIP
data: Name : TestPIP
data: Type : Microsoft.Network/publicIPAddresses
data: Location : japaneast
data: Provisioning state : Succeeded
data: Allocation method : Dynamic
data: IP version : IPv4
data: Idle timeout in minutes : 4
info: network public-ip create command OK
[/code]

パブリックIPの確認

次のコマンドで作成されたことを確認します。

# azure network public-ip list -g

[code]
# azure network public-ip list -g TestResourceGroup
info: Executing command network public-ip list
+ Getting the public ip addresses
data: Name Location Resource group Provisioning state Allocation method IP version IP Address Idle timeout, minutes FQDN
data: ——- ——— —————– —————— —————– ———- ———- ——————— —-
data: TestPIP japaneast TestResourceGroup Succeeded Dynamic IPv4 4
info: network public-ip list command OK
[/code]

以上で、TestResourceGroupにパブリックIPのリソースを作成することができました。
次にNICを作成します。

NICの作成

次のコマンドで、NICリソースを作成します。
# azure network nic create -g -n -l --network-security-group-name --subnet-name --subnet-vnet-name

[code]
# azure network nic create -g TestResourceGroup -n TestNIC -l japaneast –network-security-group-name TestNSG –subnet-name TestSNet –subnet-vnet-name TestVNet
info: Executing command network nic create
+ Looking up the network interface “TestNIC”
+ Looking up the network security group “TestNSG”
+ Looking up the subnet “TestSNet”
+ Creating network interface “TestNIC2”
data: Id : /subscriptions/aaaaaaaa-bbbb-cccc-dddd-eeeeeeeeeeee/resourceGroups/TestResourceGroup/providers/Microsoft.Network/networkInterfaces/TestNIC2
data: Name : TestNIC2
data: Type : Microsoft.Network/networkInterfaces
data: Location : japaneast
data: Provisioning state : Succeeded
data: Internal domain name suffix : cbnnr3x1vnhetja0daxz5lmgza.lx.internal.cloudapp.net
data: Enable IP forwarding : false
data: Network security group : /subscriptions/aaaaaaaa-bbbb-cccc-dddd-eeeeeeeeeeee/resourceGroups/TestResourceGroup/providers/Microsoft.Network/networkSecurityGroups/TestNSG
data: IP configurations:
data: Name : default-ip-config
data: Primary : true
data: Provisioning state : Succeeded
data: Private IP address : 10.0.0.5
data: Private IP version : IPv4
data: Private IP allocation method : Dynamic
data: Subnet : /subscriptions/aaaaaaaa-bbbb-cccc-dddd-eeeeeeeeeeee/resourceGroups/TestResourceGroup/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/TestVNet/subnets/TestSNet
data:
info: network nic create command OK
[/code]

NICを確認

次のコマンドでNICが作成されたことを確認します。
# azure network nic list -g

[code]
# azure network nic list -g TestResourceGroup
info: Executing command network nic list
+ Getting the network interfaces
data: Name Location Resource group Provisioning state MAC Address IP forwarding Internal DNS name Internal FQDN Internal domain name suffix
data: ——– ——— —————– —————— ———– ————- —————– ————- —————————————————
data: TestNIC japaneast TestResourceGroup Succeeded false
info: network nic list command OK
[/code]

以上で、TestResourceGroupにNICのリソースを作成することができました。
次にストレージアカウントを作成します。

ストレージアカウント

azure-storage

Azure ストレージ アカウントは、Azure Storage データ オブジェクトを格納しておくものです。Storageはインターネットからもアクセスでき、例えばblob Storageの場合、
<ストレージアカウント名>.blob.core.windows.netのような名前空間が与えられます。その為、ストレージアカウント名はインターネット上で一意である必要があります。

アカウントの種類は、「BLOB ストレージ アカウント」と「汎用ストレージ アカウント」の2種類があります。

BLOB ストレージ アカウントは、BLOBに特化したストレージアカウントです。
汎用ストレージ アカウントは、BLOB、File、Disk、Table、Queueなど様々なタイプのストレージサービスを利用することができます。

参考
Azure ストレージ アカウントについて
Microsoft Azure Storage の概要
Azure Storage 料金

ストレージアカウントの作成

次のコマンドでストレージアカウントを作成します。

# azure storage account create --sku-name --kind -g -l -s

name : ストレージアカウントの名前を指定します。(文字数は3~24,英小文字,数字)
kind : アカウントの種類を指定します(Storage/BlobStorage)。
skuName : SKU名を指定します。(LRS/ZRS/GRS/RAGRS/PLRS)
– LRS(Locally redundant storage): リージョン内のデータが3回レプリケートされる。
– ZRS(Zone-redundant storage): 1 つまたは 2 つのリージョン内の 2 つから 3 つの施設でデータがレプリケートされる。
– GRS(Geo-redundant storage): セカンダリ リージョンにデータがレプリケートされる。
– RAGRS(Read-access geo-redundant storage): GRSに加えて、2次拠点のデータにも読み取り専用アクセスを提供される。
– PLRS:Azure Premium Storage を指定する場合
参考 : Azure Storage のレプリケーション
リソースグループ名を指定
ロケーションを指定
サブスクリプションIDを指定 (※ # azure account listで確認できます。)

[code lang=text]
# azure storage account create teststorage –sku-name LRS –kind Storage -g TestResourceGroup -l japaneast -s aaaaaaaa-bbbb-cccc-dddd-eeeeeeeeeeee
info: Executing command storage account create
+ Checking availability of the storage account name
+ Creating storage account
info: storage account create command OK
[/code]

ストレージアカウントの確認

次のコマンドで、ストレージアカウントが作成されたことを確認します。
# azure storage account show teststorage -g TestResourceGroup

[code lang=text]
# azure storage account show teststorage -g TestResourceGroup
info: Executing command storage account show
+ Getting storage account
data: Name: teststorage
data: Url: /subscriptions/aaaaaaaa-bbbb-cccc-dddd-eeeeeeeeeeee/resourceGroups/testresourcegroup/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/testStorage
data: Type: Microsoft.Storage/storageAccounts
data: SKU Name: Standard_LRS
data: SKU Tier: Standard
data: Kind: Storage
data: Resource Group: testresourcegroup
data: Location: japaneast
data: Provisioning State: Succeeded
data: Primary Location: japaneast
data: Primary Status: available
data: Secondary Location: undefined
data: Creation Time: Tue, 15 Nov 2016 03:32:26 GMT
data: Primary Endpoints: blob https://teststorage.blob.core.windows.net/
data: Primary Endpoints: queue https://teststorage.queue.core.windows.net/
data: Primary Endpoints: table https://teststorage.table.core.windows.net/
data: Primary Endpoints: file https://teststorage.file.core.windows.net/
info: storage account show command OK
[/code]

TestResourceGroupにteststorageが作成されました。

まとめ

パブリックIPをとストレージアカウントを作成しました。
次回はいよいよ仮想マシンを作成します。

Be the first to comment

コメント投稿

Your email address will not be published.


*