OSS on Azureことはじめ 【連載第5回】 – MySQLのお話 # more

第5回:MySQL on Azure# more

こんにちは、赤井です。

さて、第5回は、第3回に引き続き、オープンソースデータベース MySQLについてです。

今回から数回にわたって、AzureのLinux仮想マシン上に、MySQLをインストールする方法をカンタンに紹介します。


Ubuntu で MySQL 5.6 をインストールする方法 (前編)

  1. Microsoft Azure ポータル(https://portal.azure.com/)にログインします。
    column_a05_001

  2. Microsoft Azureの「新規」をクリックします。
    column_a05_002

  3. 検索窓から、ubuntu を検索します。
    column_a05_003

  4. 検索結果から、利用する Ubuntuのバージョンを指定します。
    column_a05_004

  5. ここでは「Ubuntu Server 14.04 LTS」を選択し、画面の「作成」ボタンをクリックします。
    column_a05_005

  6. 仮想マシンの初期設定を行います。必要事項を記入し、OKボタンをクリックします。
    column_a05_006

  7. 「サイズの選択」右下の「すべて表示」をクリックして、利用する仮想マシンのサイズを選択します。本番用に利用する場合は、データベースサーバーと利用するため、余裕のあるスペックを選択する方がよいでしょう。選択が完了したら選択ボタンをクリックします。
    column_a05_007

  8. 詳細な設定を確認して、OKをクリックします。
    column_a05_008

  9. 検証が成功したことを確認して、OKをクリックしてください。
    column_a05_009

  10. デプロイが開始されます。
    column_a05_010

  11. 正しくデプロイが完了すると「設定」画面に以下のように表示されます
    column_a05_011

今回は、MySQLをUnbutu上にインストールする前段階として、Ubuntuのインストールを行いました。

次回は、いよいよMySQLのインストールです。お楽しみに。
→ 連載第6回 「OSS on Azureことはじめ -MySQLのお話 # more # more 」 はこちらから

 

著者:
赤井 誠
MKTインターナショナル株式会社
代表取締役 経営学修士 キャリア・デベロプメント・アドバイザー

日本ヒューレット・パッカード株式会社にて、ソフトウェアR&Dとして勤務後、Linux事業担当し、国内大手サーバーベンダーで最下位であったLinuxサーバービジネスを国内首位に押し上げる。また、HP社でのグローバルでのLinux販売実績で1位を獲得。ハイパフォーマンスコンピューティング部門(スパコンビジネス)の担当も兼任。x86 サーバーでのハイパフォーマンスコンピューティングで、サーバーシェア1位を5年連続獲得。その他、Windows Server、VMWare、HP Insight Softwareビジネスのリードも兼任。Windows ビジネスでは、アジアパフィック部門でMVPを獲得。また、VMWareビジネスでは、VMWare社日本法人のThe OEM Partner of the year 2年連続獲得に貢献。『できるRPO MySQL』(インプレス)、『リーダーにカリスマ性はいらない』(KADOKAW/中経) 他、著書多数。

Be the first to comment

コメント投稿

Your email address will not be published.


*