OSS on Azureことはじめ 【連載第6回】 – MySQLのお話 # more # more

第6回:MySQL on Azure# more# more

こんにちは、赤井です。

関東地区はまだ梅雨は明けていませんが、ほとんどの地域は梅雨明けとなり、夏本番ですね。

さて、前回に続いて、MySQLのお話を続けます。
Ubuntu で MySQL 5.6 をインストールする方法 (後編)

1.    手元の端末からSSH(Secure Shell) で前編で作成したAzure上の仮想VM (Ubuntu) にログインします。

column_a06_001

今回は説明をしませんが、Windows/Mac OSでSSHでログインする方法が違います。Mac OSではデフォルトでsshコマンドがインストールされていますが、Windowsでは別途SSHクライアントをインストール必要が今のところあります。ご存知の方も多いように、今後Windows 10ではコマンドプロンプトでUbuntuのBashが使えるようになるので、sshコマンドを簡単に利用できるようになります。
2.    MySQLの設定ファイルを事前に作成します。例えば、以下の様なファイルを作成します。

$ vi my.cnf-sample

以下の内容をコピーアンドペースト

[mysqld]
general-log
log-bin
slow-query-log
gtid-mode=ON
log-slave-updates
enforce-gtid-consistency
innodb_buffer_pool_size=8M

 

3.    今回は、前回紹介したインストール方法の中で、tar を利用したインストール方法を紹介します。ターミナル上で、以下のコマンドを入力します。

$ wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.7/mysql-5.7.12-linux-glibc2.5-x86_64.tar.gz

column_a06_002
4.    Ubuntu 14.04での実行に必要なライブラリファイルのインストールします。

$ sudo apt-get install libaio1

column_a06_003
5.    手順3で入手したtarファイルの展開を展開します。
column_a06_004
6.    ディレクトリの中身を確認します。

$ cd mysql-5.7.12-linux-glibc2.5-x86_64/
$ ls

 

7.    MySQLサーバーの初期化処理を実施します。

$cd bin
$ ./mysqld --initialize --basedir=/home/oss-db/mysql-5.7.12-linux-glibc2.5-x86_64 --server-id=1

column_a06_005

一連の出力の最後にユーザーの初期パスワードが出力されます。

例) [Note] A temporary password is generated for root@localhost: =-uiwM/(H6hY

この初期パスワードは忘れないようにしてください。

MySQLのrootユーザーの初期パスワードはランダム文字列が設定されます。MySQLへログインしたあとに、パスワードを変更するまで何もできないことに注意してください。
8.    MySQLサーバーを起動します。

$ ./mysqld --defaults-file=/home/oss-db/my.cnf-sample  --basedir=/home/oss-db/mysql-5.7.12-linux-glibc2.5-x86_64 --server-id=1 &

–defaults-file には、MySQLサーバーの設定ファイルを指定します。
–basedir には、MySQプログラムの展開先ディレクトリを指定します。デフォルト値は/usr/local/mysql です。
–server-idには、サーバーのIDを指定します。MySQLレプリケーション利用するときは必須です(今回は、レプリケーションの設定方法は紹介しません)。
9.    MySQLサーバーにログインします。

$ ./mysql ?u root -p

(初期パスワード入力を入力します)

column_a06_006
10.    MySQLサーバーのパスワードを設定します。

mysql> SET PASSWORD = ‘OSSMySQL5.7’;

OSSMySQL5.7 は、サンプルパスワードです。自分自身で忘れないようにしっかりとパスワードを設定してください。

これでMySQLのインストールが終了しました。

次回は、MySQLをAzureで利用するときに便利なツールをいくつか紹介します。
→ 連載第7回 「OSS on Azureことはじめ -MySQLのお話 # more # more & # more 」 はこちらから

著者:
赤井 誠
MKTインターナショナル株式会社
代表取締役 経営学修士 キャリア・デベロプメント・アドバイザー

日本ヒューレット・パッカード株式会社にて、ソフトウェアR&Dとして勤務後、Linux事業担当し、国内大手サーバーベンダーで最下位であったLinuxサーバービジネスを国内首位に押し上げる。また、HP社でのグローバルでのLinux販売実績で1位を獲得。ハイパフォーマンスコンピューティング部門(スパコンビジネス)の担当も兼任。x86 サーバーでのハイパフォーマンスコンピューティングで、サーバーシェア1位を5年連続獲得。その他、Windows Server、VMWare、HP Insight Softwareビジネスのリードも兼任。Windows ビジネスでは、アジアパフィック部門でMVPを獲得。また、VMWareビジネスでは、VMWare社日本法人のThe OEM Partner of the year 2年連続獲得に貢献。『できるRPO MySQL』(インプレス)、『リーダーにカリスマ性はいらない』(KADOKAW/中経) 他、著書多数。

Be the first to comment

コメント投稿

Your email address will not be published.


*