OSS on Azureことはじめ 【連載第3回】 – MySQLのお話

第3回: MySQL on Azure

こんにちは、赤井です。

第3回は、予告しましたようにMySQLについて取り上げます。

MySQLといえば、世界でもっとも普及している、オープンソースデータベースです。さらに最近では、クラウド上でもっとも人気のあるオープンソースデータベースです。Webアプリケーションを開発するときのデファクトスタンダードといってもいいでしょう。

MySQLについてご存知の方も多いと思いますが、その特徴といえば、次のことがあげれます。

1. マルチプラットフォーム対応
Windows, Linux, Solaris, macOS, FreeBSDなど。詳しくは、こちらをご覧ください。

2. 高性能、軽量、高信頼
特にOLTP系の処理が得意です。

3. 導入や運用の容易性
ダウンロードからデータベース起動まで15分以内とうたっていますが、実際は、5分程度で起動できると思います。

 

Azureポータルには、マネージドサービスプロバイダーであるClearDB社が用意したMySQLイメージがあります。

それ以外に、適切な場所からMySQLをダウンロードして利用することができます。
個人的な好みによるのですが、わたしは、適切な場所からMySQLをダウンロードして利用する方法をお勧めしています。

なぜなら、MySQLというと無償で利用できるMySQL Server Community Edition の最新版を利用するには、MySQL Developer Zone(http://dev.mysql.com/) からダウンロードする必要があること(たいてい、他の場所で提供されているMySQLは古いバージョンのものが多いです)です。

また、有償のサービスが必要になったときは、MySQL Enterprise Edition を導入するためには、オラクル社のサイトから製品版バイナリをダウンロードして利用する必要があるからです。

ちなみに、MySQL Enterprise Editionは、データベースの基本機能のサポート以外にも、MySQL Enterprise Monitor (複数サーバの一括管理や性能管理), MySQL Enterprise Backup (高速なオンラインバックアップ),MySQL Enterprise Audit  (ユーザー処理の監査), MySQL Enterprise Firewall (SQLインジェクション対策) などの機能を持っています。これらについては、第4回以降で紹介します。

 

MySQLのインストールの基本的な流れ

インストール手法によって具体的な手順に違いはありますが、以下の様な流れになります。

1.  MySQLのダウンロード

  • MySQL Developer Zone(http://dev.mysql.com/) へアクセスします。
    • MySQL Server Community Edition以外にMySQL Cluster Community EditionなどのCommunity Editionの製品をダウンロード可能です。また、GA(製品版)だけでなく、DMR(開発途上版)、RC(リリース候補版)もダウンロードできます。
  • OS、ビット数、インストール形式(.rpm、.tar.gzなど)を選択して、適切なパッケージをダウンロードします。

colun_a03_001

2. MySQLのインストール(モジュールの配置)

3. 設定ファイル作成(my.cnf/my.ini)

4. データベースの作成

5. その他の設定(パスの追加、サービス登録など)

 

インストール手法の大きな違いを下の表にまとめました。

インストーラ
(Windows)
zipファイル(Windows) yum
(Linux)
rpm
(Linux)
tar
(Linux)
MySQL
インストール
自動 手動 自動 自動 手動
設定ファイル作成 自動
(ウィザードにより一部の 設定値を指定可能)
手動 自動 自動 手動
DB作成 自動 手動 自動 自動 手動
 MySQL Server
rootユーザーの
初期パスワード
ウィザードで指定 データベース作成方法に依存 ランダム ランダム DB作成
方法に依存
 パスワード検証
 プラグイン
無効 無効 有効 有効 無効
SSL設定 手動(OpenSSLのセットアップも必要) 手動(OpenSSLのセットアップも必要) 自動 自動 手動
サービス登録 自動登録 手動登録 自動登録 自動登録 手動登録
その他  [すべてのプログラム]にMySQLが追加される(コマンドラインクライアントを起動できる) mysqlユーザー(MySQL Server起動用のユーザー)が自動作成されるが、ログインできない状態(ログインシェルが/bin/false) mysqlユーザー(MySQL Server起動用のユーザー)が自動作成されるが、ログインできない状態(ログインシェルが/bin/false)

Azure上でMySQLを利用するには、まず、これらの流れを理解してください。

第5回は、実際に、Azure上にMySQLをインストールする手順を紹介します。お楽しみに!
→ 連載第5回 「OSS on Azureことはじめ -MySQLのお話 # more 」 はこちらから

第4回は、少し路線を変えて、OSS on Azure 非公式コミュニティの第1回ミートアップの現地潜入レポートをお届けします。
→ 連載第4回 「OSS on Azure 非公式コミュニティ」 ミートアップ潜入レポート はこちらから

著者:
赤井 誠
MKTインターナショナル株式会社
代表取締役 経営学修士 キャリア・デベロプメント・アドバイザー

日本ヒューレット・パッカード株式会社にて、ソフトウェアR&Dとして勤務後、Linux事業担当し、国内大手サーバーベンダーで最下位であったLinuxサーバービジネスを国内首位に押し上げる。また、HP社でのグローバルでのLinux販売実績で1位を獲得。ハイパフォーマンスコンピューティング部門(スパコンビジネス)の担当も兼任。x86 サーバーでのハイパフォーマンスコンピューティングで、サーバーシェア1位を5年連続獲得。その他、Windows Server、VMWare、HP Insight Softwareビジネスのリードも兼任。Windows ビジネスでは、アジアパフィック部門でMVPを獲得。また、VMWareビジネスでは、VMWare社日本法人のThe OEM Partner of the year 2年連続獲得に貢献。『できるRPO MySQL』(インプレス)、『リーダーにカリスマ性はいらない』(KADOKAW/中経) 他、著書多数。

Be the first to comment

コメント投稿

Your email address will not be published.


*