Azure上の仮想マシンをリソース監視してみた

こんちには、今回はOperations Management Suite (OMS) のサービスである
「Log Analytics」を利用してAzure上の仮想マシンをリソース監視してみました。

オンプレミス環境では運用する上でリソース監視を行っているかと思いますが、
Azureの場合はどのように監視しているのか調べてみたところ、無料で利用できる
「Log Analytics」を発見したため検証してみました。

Log Analyticsとは

Log Analytics は、Operations Management Suite (OMS) のサービス※ で、
クラウド環境とオンプレミス環境を監視、分析して可用性とパフォーマンスを維持します。

※Operations Management Suite (OMS)
Azureの提供しているクラウドの運用管理スイート。

Log Analyticsの構成図やアーキテクチャ等の詳細は以下に情報が記載されています。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/operations-management-suite/operations-management-suite-overview

構築

それではさっそく構築していきます。
今回は、一例としてリソース監視を行い設定した閾値を超えた場合にアラートメールを
通知する設定を記載します。

①まずは、OMSワークスペースを作成します。

画像1

画像2

※無料で利用する場合は、価格レベルをFREEで設定する。

②続いて、監視対象のマシンと接続します。先ほど作成したワークスペースの左側にある[仮想マシン]をクリックし、監視対象マシンを選択します。

画像3

③選択した仮想マシンの状態が[未接続]であることを確認し、[接続]をクリックします。しばらくすると[このワークスペース]に変化します。

画像4

④先ほど作成したOMSワークスペースから[OMSポータル]に移動し、パフォーマンスカウンターを取得します。OMSポータルの[Log Search]をクリックします。

画像5

画像6

⑤[Log Search]で以下を検索し、アラートを通知するために[Alart]をクリックします。

プロセッサが1%を超える割合
Type=Perf ObjectName=Processor CounterName=”% Processor Time” CounterValue>1

画像7

⑥アラートルールを設定し、[Save]をクリックします。

  • Alert information

・Name: アラート名を指定
・Description: 説明
・Severity: アラートの重要度
・Search query: 検索クエリを指定
・Time window: クエリの時間範囲

  • Alert frequency

・Check for this alert every: クエリの実行する頻度
・Generate alert based on: Number of results(結果の数)またはMetric measurement(メトリック測定)を指定。(今回は[Number of results]を指定)
・Number of results: アラートを作成するレコード数
Greater than: 指定したレコード数より大きい場合
Less than: 指定したレコード数より小さい場合

  • Email notification

・電子メール通知: アラート通知の電子メールを送信する場合は[YES]を指定
・Subject: 件名
・Recipients: 受信者のアドレスを指定

上記設定は以下詳細に記載されています。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/log-analytics/log-analytics-alerts-creating

画像8

設定は以上となります。
以後、アラートが作成された場合は⑥で指定した受信者のアドレスに通知メールが送信されれば完了です。

まとめ

Log Analyticsを構築してみて、簡易的な設定であればハマることは無いOMSサービスのように感じました。
Log Analytics では、エージェント以外にも他のツールのデータも直接収集できるようなので、このあたりも検証してみようと思います。

 

Be the first to comment

コメント投稿

Your email address will not be published.


*