【初心者】Docker CloudとAzureを接続する方法

はじめに

Docker Cloudは、コンテナ化したApplicationを任意のクラウドやオンプレミスの環境にデプロイ、管理するためのホスティングサービスです。

今回はDocker Cloudを利用して、Microsoft Azureに仮想マシンを作成してみます。

手順

Docker Cloud から管理証明書をダウンロード

Docker Cloudにログインします。ログイン後、LINK PROVIDERをを選択し、「Cloud providers」から「Microsoft Azure」のコンセントマークを選択します。

ss41

「Download Management Certificate」 を選択して管理証明書をローカルにダウンロードします。

ss43

次に、この管理証明書をAzureにアップロードします。

Azure に管理証明書をアップロード

Azure クラシック ポータルにログインします。
画面右上の「Subscription」を選択し、利用するサブスクリプションを選択します。

正しいサブスクリプションを選択したら、画面左下にある「Settings」→「MANAGEMENT CERTIFICATES」を選択します。

ss45

画面下の「UPLOAD」を選択し,先程ローカルにダウンロードした管理証明書を選択し、アップロードします。

ss46

管理証明書のアップロードが終わったら、Docker Cloudに戻り、AzureのSubscription IDを入力します。

Subscription ID の確認

Subscription IDはAzure Portalの「Subscriptions」からも確認できますが、今回はDockerコンテナで Azure CLI を実行して確認してみます。

Dockerがインストールされている環境から以下のコマンドを実行します。

# docker run -it microsoft/azure-cli

※Dockerのイントール方法は下記を参考にしてください。
https://docs.docker.com/engine/installation/

azure-cliのDockerコンテナからサブスクリプションへの接続します。
azure login コマンドを実行し、表示されたURLにブラウザでアクセスし、コードを入力します。

# azure login
info: Executing command login
/info: To sign in, use a web browser to open the page https://aka.ms/devicelogin. Enter the code ********* to authenticate.
\

ss48

下記コマンドを実行し、Subscription IDを確認します。

# azure account list
info: Executing command account list
data: Name Id Current State
data: -------------- ------------------------------------ ------- -------
data: TESTSUBSCRIPTION1 11112222-aaaa-bbbb-cccc-ddddddddddd true Enabled
data: TESTSUBSCRIPTION2 33334444-wwww-xxxx-yyyy-zzzzzzzzzzzz false Enabled
info: account list command OK

Docker Cloud で Azure のSubscription IDを入力

また、Docker Cloudに戻り, Subscription IDを入力します。

ss49

以下のようにコンセントマークが青くなったら設定完了です。

ss50

Dockr CloudからNode Clasterを作成してみる

試しにDockr CloudからNode Clasterを作成してみます。

画面左側のクラスターのマークを選択して、情報を入力して、「Launch node cluster」を選択します。

ss51

少し時間はかかりましたが、DEPLOYEDになりました。

ss52

Azure Portalからも確認してみます。

ss53

無事デプロイされておりました。

以上

Be the first to comment

コメント投稿

Your email address will not be published.


*