【初心者】GithubからAzure App Serviceへ継続的デプロイしてみた。

GithubからAzure App Serviceへ継続的デプロイしてみる

はじめに

App Serviceは、Microsoft Azure が提供するPaaS(Platform as a Service)です。App Serviceは複数の言語とフレームワークに対応しており、ASP.NET、Node.js、Java、PHP、Pythonをサポートしています。
今回はApp ServiceのWeb Appsを利用して、Githubからデプロイしてみます。

Web アプリの作成

  1. Microsoft Azureにサインインします。
  2. 「新規」 > 「Web + モバイル」 > 「Web App」を選択します。
    GitHubAzure1
  3. 「アプリ名」「サブスクリプション」「リソースグループ」「App Service プラン/場所」を選択し、「作成」をクリックします。
  4. 左側の「App Service」 > 「作成したアプリ名」 > 「デプロイオプション」 > 「必要な設定構成」 > 「GitHub」を選択します。
    GitHubAzure2
  5. GitHubのアカウント情報、プロジェクトやbranchなどを選択し「OK」を選択します。
  6. 左側の「App Service」 > 「作成したアプリ名」 > 「デプロイ資格情報」を選択し、必要な情報を入力します。
    GitHubAzure3

テスト用webページの作成

テスト用のページを作成します。
# mkdir btestapp ; cd btestapp
# tee index.html <<-'EOF'
hello world!!
EOF
</pre>
<pre>

ローカルPCからGitHubへデプロイ

ローカルPCからGitHubへデプロイします。

echo "#deploy websites" >> README.md
git init
git add README.md index.html
git commit -m "first commit"
git remote add origin https://github.com/user/atestapp.git
git push -u origin master
Username for 'https://github.com': user
Password for 'https://user@github.com': password

ブラウザから確認

  1. 「App Service」 > 「作成したアプリ名」 > 「プロパティ」に記載されているURLにアクセスします。
    GitHubAzure3
  2. 「Hello world!!」と表示されることを確認します。
    GitHubAzure4

まとめ

今回はGitHubからAzure App Serviceへのデプロイしてみましたが、他にもVisual Studio Team Services, OneDrive, ローカルのGitリポジトリやDropboxなどからデプロイすることも可能です。
Web AppはWeb サイトやWeb アプリケーションを素早くデプロイできて大変便利ですね。

Be the first to comment

コメント投稿

Your email address will not be published.


*